亜熱帯地域の特徴

沖縄の亜熱帯気候はどんな環境をつくりだす?

沖縄のイメージでいつも暖かい場所と想像する方は多いのではないでしょうか。皆さんが思う通り、年間を通して暖かく、冬場は少し涼しくなることもあるのが亜熱帯気候、沖縄です。熱帯気候と温帯気候の間にあるのがこの亜熱帯気候。
亜熱帯のような温暖な気候では、南国の果物や野菜がよく成長します。マンゴーやパイナップル、パッションフルーツなど糖度の高いおいしいフルーツが育つのが特徴です。また、ゴーヤーやヘチマなどのウリ科の野菜も成長が良い環境です。
亜熱帯に咲く花や草木も特徴的です。ハイビスカスやブーゲンビリアなど暖かい環境で良く育つ花が沖縄ではたくさん見られます。海水と川の水が入り混じるエリアでは、干潟にマングローブの林が見られます。マングローブ林はヒルギの木が生い茂り、たくさんの生き物たちが暮らす生物の宝庫となっています。

亜熱帯の沖縄を楽しむ

亜熱帯の沖縄では、温暖な気候の恵みがたくさんあることが分かりましたね。
まず、通年を通して暖かいためマリンレジャーがいつでも楽しめます。冬場にはウエットスーツがあるとより安心ですが、シュノーケリングやダイビング、マリンスポーツがいつでも楽しめますよ。
南国の果物や野菜もたくさん食べられるでしょう。沖縄のホテルに泊まると、南国フルーツが提供されたり、ゼリーやジュースなどでも楽しめますよ。そして、沖縄料理には、ゴーヤーやヘチマなどの野菜がふんだんに使用されています。現地の新鮮な食材を楽しむのも旅の醍醐味ですね。
南国の草花も楽しめます。カラフルなお花や濃い緑が綺麗な南国植物もあちらこちらに咲いているので、沖縄に旅行した際にはチェックしてみましょう。マングローブ林では、ガイド付きの散策ができたり、カヤックに乗って林の中を探検することもできるでしょう。

© Copyright Deep Blue Okinawa. All Rights Reserved.