突然のスコール

海が美しいシーズンはいつ?

沖縄旅行はいつ行くのがいいのか?というのは旅好きのあいだでよく話題になるテーマです。マリンレジャーが楽しめる夏がいい、とか、観光には涼しい季節がいい、など、ネットで検索してもいろいろですが、結論はいつ行っても沖縄はいい!というのに落ち着きそうです。
海が美しい季節は春から夏です。特に沖縄が梅雨明けする6月下旬から7月にかけては台風も少なく、毎日がピーカンの天気で沖縄の地元の方もオススメする観光シーズンです。
絵に描いたようなエメラルドグリーンの海が見られるのもこの季節。あの美しい海をつくるのは白い砂地と高い透明度の海、夏の強烈な太陽光が理由だからといわれています。
そんな美しい海を眺めながらビーチチェアに寝転がっていると、突然、薄黒い雲が近づいてくることがあります。アッと思う間もなく突然の大粒の雨。時に本土の人間が経験したことのないような大雨が降ってくることもあります。

スコールに出会ったらどうすればいいの?

これはスコールという南国特有のにわか雨です。地元の方に「傘どこかに売っていませんか?」などと聞くと鼻で笑われることもあるので注意。夕立のような生易しい降り方でなく、傘などさしても何の意味もないと地元の方は言います。地元の方は傘をささず濡れ鼠になって平気な顔で歩いていきます。
ともあれ、当たると痛いというようなスコールは経験したことのない観光客などには強烈な印象があるもの。こういった何気ないようなことが旅行中の得難い貴重な経験として記憶に残ったりします。
注意点としては、とにかく強烈な雨なので一時も早く屋根のある場所で避難すること。スマホやタブレットなどをバッグの中に入れておいてもすごい雨量なので水没しかねません。また、レンタカーや宿を離れる時は窓はしっかり閉めておきましょう。
スコールは夏場特有のもの。スコールの後は大きな虹が見られるチャンスなので、夏場の旅行者のうれしい?特権といえます。

© Copyright Deep Blue Okinawa. All Rights Reserved.